ボールビコント城(読み)ボールビコントジョウ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボールビコントじょう【ボールビコント城】

フランス中北部、首都パリの南約80km、セーヌ川上流のセーヌエマルヌ県にあるバロック様式の城館。ムラン(Melun)駅から約7km、タクシーで約10分ほどの場所にある。ルイ14世(1638~1715年)時代に王室財務長官を務めたニコラ・フーケ公爵(Nicolas Fouquet、1615~1680年)が17世紀に建設した城館で、17世紀フランスを代表する建築家のル・ボー(Louis Le Vau、1612~1670年)、画家のル・ブラン(Charles Le Brun、1619~1690年)、造園家のアンドレ・ル・ノートル(André Le Nôtre、1613~1700年)らが建物や内装、庭園を手がけた。その荘麗さに嫉妬したルイ14世がニコラ・フーケを投獄したというエピソードもある。ル・ブランやル・ノートルはこの宮殿を手がけた後、ベルサイユ宮殿の内装と庭園を担当することになる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android