コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストイナ ポストイナ Postojna

3件 の用語解説(ポストイナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポストイナ
ポストイナ
Postojna

イタリア語ではポストゥミア Postumia,ドイツ語ではアーデルスベルク Adelsberg。スロベニアリュブリャナ南西方の町。 1947年イタリアから旧ユーゴスラビアに帰属し,91年スロベニア領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポストイナ(Postojna)

スロベニア南西部の町。周辺は中生代石灰岩からなり、ポストイナ鍾乳洞は全長約22キロメートルを有し、ヨーロッパ最大級の鍾乳洞として知られる。イタリア語名ポストゥミア。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポストイナ
ぽすといな
Postojna

スロベニア共和国南西部の町。イタリア語名ポストゥミアPostumia、ドイツ語名アデルスベルクAdelsberg。人口1万4559(2002国勢調査速報値)。周囲は中生代の石灰岩からなり、カルスト研究所がある。近くにはヨーロッパ随一のポストイナ鍾乳洞(しょうにゅうどう)があり、観光客でにぎわう。これは1213年の文献に初出し、1818年から公開され、72年には狭軌鉄道が一部に通じた。全長22キロメートル、うち4キロメートルが現在では電車で見学可能で、さらに1.7キロメートルを徒歩で探索できる。ライトアップされた石筍(せきじゅん)や鍾乳石、1万人を収容できるコンサートホールなどが幻想的な世界を醸し出す。天然記念物のホライモリProteus anguinusが洞内の地下河川に生息している。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポストイナの関連キーワードギリシアイタリアンプレストポストゥミアスイス・イタリア語放送管弦楽団テレビ テレビでイタリア語ラジオ まいにちイタリア語パラゴーネアウルス・ポストゥミウスポストゥミア街道

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone