コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストイナ ポストイナPostojna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポストイナ
Postojna

イタリア語ではポストゥミア Postumia,ドイツ語ではアーデルスベルク Adelsberg。スロベニアのリュブリャナ南西方の町。 1947年イタリアから旧ユーゴスラビアに帰属し,91年スロベニア領。付近にはヨーロッパ最大といわれる有名な大鍾乳洞がある。全長 22kmに及ぶ地下の殿堂は,屋根のない小さな電車で一部を見ることができる。白色,盲目で体長 30cmに達するホライモリ (オルム) が地下水中に生息している。人口2万 72 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポストイナ(Postojna)

スロベニア南西部の町。周辺は中生代石灰岩からなり、ポストイナ鍾乳洞は全長約22キロメートルを有し、ヨーロッパ最大級の鍾乳洞として知られる。イタリア語名ポストゥミア。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポストイナ
ぽすといな
Postojna

スロベニア共和国南西部の町。イタリア語名ポストゥミアPostumia、ドイツ語名アデルスベルクAdelsberg。人口1万4559(2002国勢調査速報値)。周囲は中生代の石灰岩からなり、カルスト研究所がある。近くにはヨーロッパ随一のポストイナ鍾乳洞(しょうにゅうどう)があり、観光客でにぎわう。これは1213年の文献に初出し、1818年から公開され、72年には狭軌鉄道が一部に通じた。全長22キロメートル、うち4キロメートルが現在では電車で見学可能で、さらに1.7キロメートルを徒歩で探索できる。ライトアップされた石筍(せきじゅん)や鍾乳石、1万人を収容できるコンサートホールなどが幻想的な世界を醸し出す。天然記念物のホライモリProteus anguinusが洞内の地下河川に生息している。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポストイナの関連キーワードライモンド デベベッチシュコツィアン洞窟群ボルト パホル田村

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android