コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト・プロダクション ぽすとぷろだくしょんpost production

知恵蔵の解説

ポスト・プロダクション

「ポスプロ」あるいは「ポストプロ」とも略され、映画、放送、CMの撮影終了後に行われる作業の総称。また、この作業を行うスタジオや製作会社のことも指す。CGを駆使したVFX合成などの特殊効果処理のほかに、フィルムの編集、音楽製作、ナレーションやアテレコ、アフレコの録音などの作業が含まれる。「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなど、ポスプロ作業が1年以上の長期間にわたるケースが増加、撮影中にポスプロを同時進行させることもある。ポスプロは日本の得意分野であり、アジア各国の作品も担当している。なお、撮影終了後に行われるポスプロに対して、撮影前の脚本作りやロケーション・ハンティング(ロケハン)、スタッフ・キャスト集めをプリ・プロダクション(プリプロ)と呼ぶ。

(宮本治雄 映画ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポスト・プロダクション
ぽすとぷろだくしょん
post-production

映画製作の手順を時間軸で考えた場合に、撮影後に行われる作業の工程をいう。映画製作の工程は撮影を中心として、それ以前に行われる企画の立案や予算組み、スケジュール調整、脚本執筆、絵コンテの作成、キャスティングなどの段階はプリ・プロダクションpre-productionとよぶ。
 仕上げ作業ともよばれるポスト・プロダクションのおもな作業には、撮影済みの素材から必要なショットを選別しつなぎあわせていく編集、音楽の録音、台詞(せりふ)のアフレコ(撮影済みの映像にあわせて台詞や音楽を録音すること)や吹替え、効果音の製作、撮影現場で録音された音素材などを製作者の意図に添うようにバランスを整えながら映像とあわせてゆくダビング、視覚効果のためのコンピュータ・グラフィックスの製作や画面合成、最終的な上映素材を仕上げるために色彩を調整するタイミング、映画の題名やスタッフ名などを表示するクレジット・タイトルの製作、上映用フィルムの焼付けや現像、デジタル上映のためのデジタル・シネマ・パッケージ(DCP)製作などがある。[江口 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポスト・プロダクションの関連キーワードオキサイド パンスコセッシスペクター特殊撮影江口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android