コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポタラ宮殿 ポタラきゅうでんPotala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポタラ宮殿
ポタラきゅうでん
Potala

チベット,ラサのマルポリ (赤い丘) の斜面にあるダライ・ラマの宮殿。第5代ダライ・ラマ (1617~82) により 1645年から造営され,その没後の 1694年,摂政サンゲギャツォの手によりほぼ今日の威容が整えられた。ポタラとは観音の住処 Potarakaの転訛で,観音は建国の英主ソンツェンガンポや歴代ダライ・ラマに化身したと信じられる。 1994年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポタラ宮殿の関連キーワードラサ(拉薩)特別市ダライ・ラマ14世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android