コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポツダムの新宮殿 ポツダムのしんきゅうでん

1件 の用語解説(ポツダムの新宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポツダムのしんきゅうでん【ポツダムの新宮殿】

ドイツ北東部、首都ベルリン(Berlin)の南西約30km、ブランデンブルク州の州都ポツダム(Potsdam)市街の西、サンスーシ公園(Sanssouci Park)にある宮殿群の一つ。同公園の西の端に位置し、東の端にあるサンスーシ宮殿からは、森の中を東西に走るハウプトアレー(メインの通り)を歩いて15~20分ほどのところにある。シャルロッテンホーフ宮殿からは1kmほどの場所に位置している。プロイセンフリードリヒ2世フリードリヒ大王、1712~1786年)は、シレジア地方(現ポーランド領)の領有をめぐり、女帝マリア・テレジアオーストリアとの七年戦争(1756~1763年)を戦った。この戦いは引き分けに終わったが、まだ国の基盤が不安定であったため、国威発揚と戦争で疲弊(ひへい)した国内の経済効果をねらって計画され、建設された宮殿である。パリ郊外のベルサイユ宮殿モデルに建設した後期バロック様式の宮殿は、1769年に完成した。完成後、儀式用の宮殿や迎賓館として使用された。宮殿内部には大理石回廊、貝殻の部屋、青い小部屋、赤いダマスクス部屋、緑のダマスクス部屋など200以上の部屋がある。内部はガイドツアーではなく、自由に見て回ることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポツダムの新宮殿の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団ベルリンの葬送

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone