コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポポカテペトル[山] ポポカテペトル

2件 の用語解説(ポポカテペトル[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポポカテペトル[山]【ポポカテペトル】

中米,メキシコ市南東約70kmの成層火山。標高5465m。万年雪を抱き山頂に直径約600mの火口がある。16-18世紀に活動したが,1927年の噴火後は活発な活動をしていなかったが再び噴火活動が繰り返されている。
→関連項目プエブラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポポカテペトル[山]【Volcán Popocatépetl】

メキシコ中央部,東西に連なる新期火山帯の東端にある火山。標高5452m。ナワトル語で〈煙の山〉の意。プエブラ州メキシコ州モレロス州の境となる。メキシコ市の南東70kmにある。オリサバ山(5699m)に次ぐメキシコ第2の高峰で,いつも山頂に雪を頂いた美しい円錐形の山体をもち,直径600mの山頂の火口から噴煙を上げている。200年ほどの活動休止のあと,1927年に噴火した。1519年にH.コルテスの部下が登頂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポポカテペトル[山]の関連キーワード陽関JR宝塚線脱線事故JR福知山線脱線事故阿寺断層揖保川ウプサラオトラント海峡海河鹿児島湾鹿島浦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone