ポポカテペトル[山](読み)ポポカテペトル

百科事典マイペディアの解説

ポポカテペトル[山]【ポポカテペトル】

中米,メキシコ市南東約70kmの成層火山。標高5465m。万年雪を抱き山頂に直径約600mの火口がある。16-18世紀に活動したが,1927年の噴火後は活発な活動をしていなかったが再び噴火活動が繰り返されている。2000年の噴火では周辺住民約5万人が避難した。2012年にも噴火。1519年H.コルテスの部下が初登頂。山麓は,スペインによる植民地支配直後からキリスト教布教の拠点で,大聖堂を擁するクエルナバカの修道院や,博物館となっているテポストランの修道院など16世紀初頭に各地で建設された14の修道院群は1994年,世界文化遺産に登録。
→関連項目プエブラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポポカテペトル[山]【Volcán Popocatépetl】

メキシコ中央部,東西に連なる新期火山帯の東端にある火山。標高5452m。ナワトル語で〈煙の山〉の意。プエブラ州,メキシコ州,モレロス州の境となる。メキシコ市の南東70kmにある。オリサバ山(5699m)に次ぐメキシコ第2の高峰で,いつも山頂に雪を頂いた美しい円錐形の山体をもち,直径600mの山頂の火口から噴煙を上げている。200年ほどの活動休止のあと,1927年に噴火した。1519年にH.コルテスの部下が登頂した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android