コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポポカテペトル[山] ポポカテペトル

2件 の用語解説(ポポカテペトル[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポポカテペトル[山]【ポポカテペトル】

中米,メキシコ市南東約70kmの成層火山。標高5465m。万年雪を抱き山頂に直径約600mの火口がある。16-18世紀に活動したが,1927年の噴火後は活発な活動をしていなかったが再び噴火活動が繰り返されている。
→関連項目プエブラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポポカテペトル[山]【Volcán Popocatépetl】

メキシコ中央部,東西に連なる新期火山帯の東端にある火山。標高5452m。ナワトル語で〈煙の山〉の意。プエブラ州メキシコ州モレロス州の境となる。メキシコ市の南東70kmにある。オリサバ山(5699m)に次ぐメキシコ第2の高峰で,いつも山頂に雪を頂いた美しい円錐形の山体をもち,直径600mの山頂の火口から噴煙を上げている。200年ほどの活動休止のあと,1927年に噴火した。1519年にH.コルテスの部下が登頂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポポカテペトル[山]の関連キーワードグアナフアト鳥海火山帯乗鞍火山帯メキシコ湾ニューメキシコハルツ山脈メキシコ銀トゥーラ遺跡メキシカンメキシコシティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone