ポリメラーゼ連続反応

栄養・生化学辞典の解説

ポリメラーゼ連続反応

 特定の配列のDNAを合成する方法で,鋳型となる二本鎖DNAの両末端の塩基配列のプライマーを合成し,耐熱性DNAポリメラーゼ (Taq DNA polymerase) を用いてDNAを合成する.酵素によるDNA鎖の合成,加熱による二本鎖の解離,冷却によるプライマーとの結合の過程を連続的に繰り返して,短時間のうちに特定のDNAを多量合成する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android