コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンペイ島(読み)ポンペイとう(英語表記)Pohnpei Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンペイ島
ポンペイとう
Pohnpei Island

ミクロネシア連邦カロリン諸島東部にある火山島。旧称ポナペ島。中央の高地と周囲の低地からなり,外側は堡礁によって囲まれている。最高点はトトロム山(ドロームウォー山)の標高 791m。中央の高地は密林に覆われ,周囲の低地の土壌は肥沃。コプラを産出する。1828年ロシアの軍艦『セニャビン』が来航した。ナンマトール遺跡(2016世界遺産の文化遺産に登録)をはじめ,玄武岩や巨石サンゴでつくられた王宮,墓地,防壁などの巨石遺構が島の各所に見られる。ミクロネシア連邦の首都パリキールがある。面積 334.1km2。人口 3万6196(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンペイ島の関連情報