コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポー(渤)海 ポーかいBo hai

1件 の用語解説(ポー(渤)海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポー(渤)海
ポーかい
Bo hai

中国北東部に黄海から入り込む湾。北東からリヤオトン(遼東)半島,南西からシャントン(山東)半島が突出して,間にポーハイ(渤海)海峡の狭隘部を形成し,東方の黄海から隔てる。面積 9万7000km2。北部にリヤオトン(遼東)湾,西部にポーハイ湾,南部にライチョウ(莱州)湾の三つの支湾がある。平均水深は 26mと浅く,ラオティエシャン(老鉄山)水道でも 70m。ホワン(黄)河ハイ(海)河リヤオ(遼)河が流入し,いずれも大量の土砂を運ぶ。海底の堆積層は数百mから数千mに及ぶが,地盤の沈降があるため,水深の変化は少ない。ホワペイ(華北)平原トンペイ(東北)平原への海からの入口にあたり,沿岸にはテンチン(天津)直轄市チンホワンタオ(秦皇島)特別市,インコウ(営口)市などの港湾都市が発達。テンチン市のチャンルー(長蘆)塩田,リヤオトン半島のフーチョウワン(復州湾)塩田をはじめ製塩も各地で行なわれる。漁業が盛んで,キグチ,タラ,ヒラメ,コウライエビ,ナマコなどの漁獲が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone