ポール・マーロー スウィージー(英語表記)Paul Marlor Sweezy

20世紀西洋人名事典の解説


1910.10.10 -
米国のマルクス主義経済学者。
元・ハーバード大経済学部教授
ニューヨーク生まれ。
1934年より12年間ハーバード大学に勤務。その後’49年より「マンスリー・レビュー」誌を主宰。’58年よりエールコーネルスタンフォード大学で、それぞれ客員教授を務め、’75年からニューヨークのニュー・スクール・フォア・ソシアル・リサーチの教授となる。’39年屈折需要曲線の理論を提示した「寡占状態における需要」は、近代経済学者としての評価を高めた。「資本主義発展の理論」(’42年)や「独占資本」(’66年)などの代表作がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android