コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイアーホーフ Meyerhof, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイアーホーフ
Meyerhof, Otto

[生]1884.4.12. ハノーバー
[没]1951.10.6. フィラデルフィア
ドイツの生化学者。後半生はアメリカで過ごした。フライブルク,ベルリン,シュトラスブルク,ハイデルベルク各大学で医学を修め,1909年,ハイデルベルク大学で学位取得。初めは心理学,哲学に関心を寄せたが,O.ワールブルクの影響を受けて生理学に転じ,キール大学講師となり (1931) ,筋肉の収縮の際の乳酸生成の機構を研究。 1922年にはイギリスの A.ヒルとともに,筋収縮に伴う化学反応の研究で,ノーベル生理学・医学賞を受けた。ハイデルベルクのカイザー・ウィルヘルム医学研究所所長となる (1929~38) 。 1934年解糖作用の機構を研究し,反応経路を解明。これは,今日エムデン=マイアーホーフ経路として知られる。また,解糖や発酵においてアデノシン三リン酸が果たす役割も明らかにした。ナチスのためにドイツを追われてパリに移り (1938) ,ドイツのフランス侵入後はアメリカに逃れ,ペンシルバニア大学生理化学部の研究教授となった (1940) 。主著『生命現象の化学力学』 The Chemical Dynamics of Life Phenomena (1924) 。弟子のなかから,S.オチョア,G.ウォルド,K.ローマンらすぐれた生化学者が輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マイアーホーフの関連キーワードバセットホルンツィラータール4月12日リップマン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android