コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロボディ microbody

2件 の用語解説(マイクロボディの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロボディ【microbody】

ミクロボディともいう。カタラーゼおよび一群の酸化酵素を含む細胞質内の小顆粒(かりゆう)をいい,動物でペルオキシソームperoxysomeや植物でグリオキシソームglyoxysomeと呼ばれたものと同一である。この名はローディンJ.Rhodinが電子顕微鏡マウス腎尿細管の上皮細胞内に見いだした顆粒につけた形態学的な名である(1954)。またド・デューブC.de Duveはラット肝臓を細胞分画し,カタラーゼを含む酸化酵素群をもつ顆粒分画をえて,これを過酸化水素を生成分解する小体という意味で,ペルオキシソームと名付けた(1965)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロボディ
マイクロボディ

ミクロボディ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマイクロボディの言及

【グリオキシル酸回路】より

…この回路を一巡すると,2分子のアセチルCoAから水素2原子がとれて,1分子のコハク酸が合成される。植物ではこの回路の酵素はグリオキシソームglyoxysome(=マイクロボディ)とよばれる細胞内亜粒子に局在している。植物がある条件下に置かれると,この回路を利用して脂肪の糖への転換が活発に行われる。…

※「マイクロボディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイクロボディの関連キーワードカタラーゼミクロボディマイクロボディーアロボディボディトレインモイストボディモイストモイストボディモイスト バスエッセンスクロロフィラーゼ唾液アミラーゼメチルクロトニルCoAカルボキシラーゼ欠損

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone