コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオウ科 マオウかEphedraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオウ科
マオウか
Ephedraceae

裸子植物グネツム目の1科。南北両半球の暖温帯に1属 (マオウEphedra) 約 40種がある。いずれも低木で分枝をよく繰返し,鱗片状に退化した葉を対生する。花は単性で,雄花は長い穂をつくり,個々の花には1片の花被片と数本のおしべがある。雌花は通常1または2個つき,癒合して浅い筒になった花被の中に1個のめしべがある。雌雄花とも,退化した異性生殖器官 (おしべまたはめしべ) は痕跡さえももたず,完全な単性花である。種子は核果状,赤褐色で,木化した花被に包まれるが,さらにその外側を多肉な包が包む。中国産の1種マオウ (麻黄) は薬用植物として有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android