コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻黄 マオウ

3件 の用語解説(麻黄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま‐おう〔‐ワウ〕【麻黄】

マオウ科の常緑小低木。高さ30~70センチ。茎は緑色で、外観はトクサに似る。葉は白い鱗片(りんぺん)状で、対生。雌雄異株。夏、小さな卵形の花穂をつける。地上茎を漢方で発汗・解熱・鎮咳(ちんがい)・利尿薬に用いる。中国北部・モンゴルに分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

まおう【麻黄】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マオウ科シナマオウなどの茎を乾燥させたもの。発汗作用が強く、悪寒(おかん)に効くほか、解熱鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)などの作用がある。感冒気管支喘息(ぜんそく)神経痛関節炎に効く麻黄湯(まおうとう)急性気管支炎、気管支喘息に効く五虎湯(ごことう)風邪(かぜ)のひき始めによる鼻炎アレルギー性結膜炎に効く小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まおう【麻黄】

マオウ科の草本状の常緑小低木。中国北部に自生。茎は多数出て枝を分かち、高さ50センチメートル 内外。枝はトクサに似て、鱗片りんぺん状の葉を対生。雌雄異株。エフェドリン系アルカロイドを含み、地上茎を漢方で解熱・せき止めなどの薬とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻黄の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻黄の関連情報