コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻黄 マオウ

3件 の用語解説(麻黄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま‐おう〔‐ワウ〕【麻黄】

マオウ科の常緑小低木。高さ30~70センチ。茎は緑色で、外観はトクサに似る。葉は白い鱗片(りんぺん)状で、対生。雌雄異株。夏、小さな卵形の花穂をつける。地上茎を漢方で発汗・解熱・鎮咳(ちんがい)・利尿薬に用いる。中国北部・モンゴルに分布。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

まおう【麻黄】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マオウ科シナマオウなどの茎を乾燥させたもの。発汗作用が強く、悪寒(おかん)に効くほか、解熱鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)などの作用がある。感冒気管支喘息(ぜんそく)神経痛関節炎に効く麻黄湯(まおうとう)急性気管支炎、気管支喘息に効く五虎湯(ごことう)風邪(かぜ)のひき始めによる鼻炎アレルギー性結膜炎に効く小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などに含まれる。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まおう【麻黄】

マオウ科の草本状の常緑小低木。中国北部に自生。茎は多数出て枝を分かち、高さ50センチメートル 内外。枝はトクサに似て、鱗片りんぺん状の葉を対生。雌雄異株。エフェドリン系アルカロイドを含み、地上茎を漢方で解熱・せき止めなどの薬とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻黄の関連情報