コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクス maks

1件 の用語解説(マクスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マクス【maks】

コーランやスンナに根拠がなく,したがってイスラム法では租税と認められない各種の雑税。タバリーの年代記その他の史書によれば,春分・秋分の贈物,帳簿手数料,両替手数料,送達吏報酬,貨幣鋳造者報酬,水車使用料,婚姻税など各種の雑税があり,ウマイヤ朝カリフ,ウマル2世アイユーブ朝の君主,サラーフ・アッディーンは,これらの雑税を非合法として廃止したという。法学者がとくに問題としたのは,地方政権の君主や総督が街道上や城門外に税関を設け,入城または入市するムスリム商人からウシュール(ウシュルの複数形)の名で,商品価格の10%を徴収することであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクスの関連キーワードコーラングレスンニー派荒唐荒唐無稽すんなりたがる何がな何をか言わんや何がなんでもノーラン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクスの関連情報