コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス2世 マグヌスにせいMagnus II, Barfoett

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス2世
マグヌスにせい
Magnus II, Barfoett

[生]1073
[没]1103.8.24. アルスター
ノルウェー王 (在位 1093~1103) 。3世とも数えられる。「裸足王」とも呼ばれる。オーラフ3世 (静寂王) の子。父王の死によって王位についた。同じく王位を宣言したマグヌスの子ホーコンの死によって 1095年単独の王となった。精力的,好戦的で,国内の豪族バイキングを圧倒し,デンマーク領ハーランド (現スウェーデン南西部) ,オークニー諸島ヘブリディーズ諸島アイルランドスコットランド修道院などを略奪。スウェーデン領西部へも侵入するなど略奪と戦争の生涯を送った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マグヌス2世の関連キーワードビルイェル・マグヌッソンエーリック・マグヌッソンフォルクング王家エーリック1世ハーラル4世ホーコン6世マグヌス6世インイェオーラフ在位

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android