マグマの分化(読み)マグマのぶんか

百科事典マイペディアの解説

マグマの分化【マグマのぶんか】

地下であるマグマから組成の異なる種々の火成岩ができること。その原因として,液体不混和現象,温度勾配(こうばい)によるイオンの拡散,ガスによる物質の運搬,分別晶出作用などが考えられるが,分別晶出作用が主要なものと考えられている。
→関連項目玄武岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマグマの分化の言及

【結晶分化作用】より

…晶出分化作用ともいう。化学組成の均一なマグマから化学組成の異なる種々の火成岩が生ずることをマグマの分化と呼ぶ。特に,結晶作用によって,もとのマグマとは異なる化学組成の岩石が生ずることを結晶分化作用という。…

※「マグマの分化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android