マケマケ(英語表記)Makemake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マケマケ」の解説

マケマケ
Makemake

太陽系の冥王星軌道より遠い外縁で太陽のまわりを公転している準惑星。アメリカ合衆国カリフォルニア州のパロマ山天文台で天文学者らに発見され,当初は 2005 FY9という仮符号をつけられたが,発見日が 2005年のイースター(→復活祭)から数日後の 3月31日であったことにちなみ,イースター島のポリネシア人住民の創造神マケマケの名を冠された。直径 1500kmの大きさがあるため重力の作用で球形をしている。306年周期で太陽をまわり,表面の色は赤っぽい。2008年に準惑星および冥王星型天体プルートイド plutoid)に分類された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「マケマケ」の解説

マケマケ(Makemake)

準惑星の一つ。太陽系外縁天体冥王星型天体に属す。2005年、アメリカの研究チームが発見し、2008年に準惑星に分類された。名の由来イースター島神話の神。冥王星より外側の軌道を公転し、直径は冥王星よりやや小さいと思われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android