冥王星型天体(読み)めいおうせいがたてんたい

デジタル大辞泉の解説

めいおうせいがた‐てんたい〔メイワウセイがた‐〕【冥王星型天体】

plutoid太陽系外縁天体に属する準惑星の総称。海王星の軌道外にあり、太陽を周回する天体のうち、惑星としての定義を満たさないものを指す。2008年に国際天文学連合(IAU)により正式名称とされた。プルートイド
[補説]国際天文学連合は、冥王星エリスマケマケハウメアの四つを冥王星型天体としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冥王星型天体
めいおうせいがたてんたい
Plutoid

太陽系外縁天体(英語名はtrans-Neptunian objectsで、TNOと略称)に属する準惑星のこと。2006年8月の国際天文学連合(IAU)で準惑星が定義された際に、冥王星が惑星から外れ準惑星になったが、同時に小惑星ケレスも準惑星に該当した。しかしケレス以外の準惑星は冥王星同様に海王星以遠の軌道をもち、組成や形成過程もケレスとは異なると考えられたので、日本からも新しい天体のグループとすることが提案され、2008年(平成20)5月に「冥王星型天体」(英語名はplutoid)という天体種族が制定された。
 冥王星型天体としては、冥王星、エリス、マケマケ、ハウメアが公式に認定されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android