コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥王星型天体 メイオウセイガタテンタイ

3件 の用語解説(冥王星型天体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいおうせいがた‐てんたい〔メイワウセイがた‐〕【冥王星型天体】

plutoid太陽系外縁天体に属する準惑星の総称。海王星の軌道外にあり、太陽を周回する天体のうち、惑星としての定義を満たさないものを指す。2008年に国際天文学連合IAU)により正式名称とされた。プルートイド
[補説]国際天文学連合は、冥王星エリスマケマケハウメアの四つを冥王星型天体としている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥王星型天体
めいおうせいがたてんたい

準惑星」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冥王星型天体
めいおうせいがたてんたい
Plutoid

太陽系外縁天体(英語名はtrans-Neptunian objectsで、TNOと略称)に属する準惑星のこと。2006年8月の国際天文学連合(IAU)で準惑星が定義された際に、冥王星が惑星から外れ準惑星になったが、同時に小惑星ケレスも準惑星に該当した。しかしケレス以外の準惑星は冥王星同様に海王星以遠の軌道をもち、組成や形成過程もケレスとは異なると考えられたので、日本からも新しい天体のグループとすることが提案され、2008年(平成20)5月に「冥王星型天体」(英語名はplutoid)という天体種族が制定された。
 冥王星型天体としては、冥王星、エリス、マケマケ、ハウメアが公式に認定されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冥王星型天体の関連キーワードハウメアマケマケ海王星以遠天体TNOカイパーベルト天体クワオアー系外惑星重力散乱セドナ太陽系外縁天体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone