コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサイス Massys, Quentin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサイス
Massys, Quentin

[生]1465/1466頃. ルーフェン
[没]1530. アントウェルペン
フランドルの画家。前半生については明らかでないが,作品にしばしばイタリア的建築が描かれ,またレオナルド・ダ・ビンチ肖像画の影響が現れていることから,おそらくイタリアに旅行したものと考えられる。1491年アントウェルペン聖ルカ画家組合に加入,以後同地で活躍。画面を一様に満たすなめらかな彩色によって,北方絵画の伝統的な緻密な線的描写とイタリア的な新しい形体感とを効果的に融合させた独特の画風を確立し,アントウェルペン派を代表した。作品は,『聖アンナの祭壇画』(1507~09,ベルギー王立美術館),アントウェルペン大聖堂祭壇画『キリストの埋葬』(1508~11,アントウェルペン王立美術館),『両替屋とその妻』(1514,ルーブル美術館),『エラスムスの肖像』(1517,ローマ,バルベリーニ宮)。2人の息子ヤンとコルネリスも父の跡を継ぎ,風俗画家となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マサイスの関連キーワードキリマンジャロ山アルーシャ州クレーフェマニャラ湖9月10日マセイスクラナハ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android