マジェンタの戦い(読み)まじぇんたのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マジェンタの戦い
まじぇんたのたたかい

第二次イタリア独立戦争中の1859年6月、オーストリア軍とフランス・サルデーニャ連合軍との間にミラノ西方のマジェンタMagentaで行われた戦い。結果は連合軍の勝利に終わったが、この敗戦によりオーストリア軍は要塞(ようさい)地帯に退却を余儀なくされ、連合軍にミラノ入城の道が開かれた。また連合軍の勝利は、パルマとモデナの君主たちの逃亡の合図となるとともに、教皇国家からのオーストリア守備隊の撤退の合図ともなった。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android