コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチネー マチネー 〈フランス〉matinée

5件 の用語解説(マチネーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マチネー(〈フランス〉matinée)

演劇・音楽会などで、昼間の興行。→ソワレ3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マチネー

昼間興行。夜間公演を原則とする西欧では,週のうち特定の曜日のみ,午後の興行を行う。また,別の演目を上演することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マチネー【matinée】

演劇用語で昼間興行のことを指す。フランス語のmatinéeは,もともと〈午前中〉という意味であるが,そこから出て,通常の夜間興行に対して,午後に行われる演劇興行をいうようになった。したがって,多くは昼間と夜間の並行する二部興行制となる。日本の大劇場演劇(たとえば歌舞伎など)では,それぞれ別の演目を立てる二部制であるが,欧米では週1回の休場による興行成績の低下を避けるため,この興行形式で同一演目を昼間に上演し,週に昼夜あわせて8回の上演を確保するという場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マチネー【matinée】

〔「午前中」の意〕
演劇・音楽会などの、昼間興行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチネー
まちねー
matineフランス語

演劇、映画、音楽会などの昼間興行。ソワレーsoire(夜間興行)の対。マタンmatin(朝方)から出たことばで、中世ヨーロッパの宗教劇上演では午前中に行われる特別公演をさした。現在では、通常の夜間興行に対して正午過ぎの昼興行をいい、土、日曜、祝日などに行われる。日本では1912年(明治45)帝国劇場が初めて採用した。現在の商業劇場はほとんど昼夜二部制をとっており、昼の部はマチネーともいえるが、本来の意味は薄れている。[大島 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マチネーの関連キーワードナローバンドコンセルバトアール中席フランス窓二の替りフランキンセンスフランス刺繍フランスソワールフラット(Flat)コンプライアンス Compliance

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マチネーの関連情報