コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチネー 〈フランス〉matinée

デジタル大辞泉の解説

マチネー(〈フランス〉matinée)

演劇・音楽会などで、昼間の興行。→ソワレ3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マチネー

昼間興行。夜間公演を原則とする西欧では,のうち特定の曜日のみ,午後の興行を行う。また,別の演目上演することもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マチネー【matinée】

演劇用語で昼間興行のことを指す。フランス語のmatinéeは,もともと〈午前中〉という意味であるが,そこから出て,通常の夜間興行に対して,午後に行われる演劇興行をいうようになった。したがって,多くは昼間と夜間の並行する二部興行制となる。日本の大劇場演劇(たとえば歌舞伎など)では,それぞれ別の演目を立てる二部制であるが,欧米では週1回の休場による興行成績の低下を避けるため,この興行形式で同一演目を昼間に上演し,週に昼夜あわせて8回の上演を確保するという場合が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マチネー【matinée】

〔「午前中」の意〕
演劇・音楽会などの、昼間興行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチネー
まちねー
matineフランス語

演劇、映画、音楽会などの昼間興行。ソワレーsoire(夜間興行)の対。マタンmatin(朝方)から出たことばで、中世ヨーロッパの宗教劇上演では午前中に行われる特別公演をさした。現在では、通常の夜間興行に対して正午過ぎの昼興行をいい、土、日曜、祝日などに行われる。日本では1912年(明治45)帝国劇場が初めて採用した。現在の商業劇場はほとんど昼夜二部制をとっており、昼の部はマチネーともいえるが、本来の意味は薄れている。[大島 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マチネーの関連キーワードアフタヌーンドレスオット ブラーム民衆劇場ブラーム大島

マチネーの関連情報