コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックオーリー Lachlan Macquarie

世界大百科事典 第2版の解説

マックオーリー【Lachlan Macquarie】

1762‐1824
イギリス領ニュー・サウス・ウェールズ植民地(現,オーストラリア)第5代総督(1810‐21)。〈戦艦バウンティ号の反乱〉で有名なブライ総督が1808年に襲われた〈ラム酒反乱Rum Rebellion〉(当時蒸留酒はすべてラムと呼ばれ,このラムは通貨の役割すら果たしていたが,植民地政府がラムの密貿易を厳しく取り締まろうとしたことに対する反乱)の後始末にあたった。一貫して元流刑囚(エマンシピスト)を優遇,植民地行政の各方面に彼らを登用したため,エマンシピストとエクスクルージョニストの対立の端緒を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマックオーリーの言及

【シドニー】より

…シドニーの歴史は1788年同国最初の入植地として始まり,当時のイギリス内務大臣にちなんで命名された。1810年代にマックオーリー総督により市街地が本格的に建設され,当時の建物の一部が今も都心部に残っている。42年に自治体(市)となり,20世紀初め以来同国最大の都市として今日にいたっている。…

※「マックオーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マックオーリーの関連キーワードピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち桃園天皇ビュート伯後桜町天皇桃園天皇カラス事件後桜町天皇