コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッチプレー まっちぷれーmatch play

翻訳|match play

知恵蔵の解説

マッチプレー

ストロークプレー」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

マッチ‐プレー(match play)

ゴルフで、ホールごとに勝負を決めていく対人競技。勝ったホール数が残りのホール数を上回ったときに競技は終わる。→ストロークプレー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マッチプレー【match play】

ゴルフで、一対一で勝敗を争う競技方法。ホールごとに勝ち負けを決め、勝ったホール数の多い方を勝者とする。ホール-マッチ。 → ストローク-プレー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッチプレー
match play

ゴルフの競技方法の一つ。各ホールごとにその打数で勝負を決めていく。途中で一方の勝ち越したホール数が,残ったホール数よりも上回った場合には,そのホールで試合を終わる。「ゴルフ本来の闘い」といわれ,ゴルフ発祥時からアマチュア全盛時代までは主流だった (→ストロークプレー ) 。ハンディキャップの違う場合には独自の計算方法でそのホールごとの勝敗を決める。ホールを全部終わったときに同点の場合は引き分けか再試合となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマッチプレーの言及

【ゴルフ】より

…シャフトの素材も,カーボンファイバーをはじめ,チタンなどが使われ,また,ウッドクラブのヘッドもパーシモン(柿材)が主流ではあるが,金属製,カーボンファイバーなどが使われるようになった。
【競技方法】
 ゴルフの競技方法には,ストロークプレーstroke playとマッチプレーmatch playの二つがある。ストロークプレーとは1ラウンド(18ホール),またはそれ以上の決められたホール数を,最も少ない打数でホールアウトした競技者を優勝とする競技方法であり,マッチプレーとはホールごとに勝負を決めていき,決められたホールを終えて勝ちホールの多いほうを勝者とする方法である。…

※「マッチプレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッチプレーの関連キーワード片山晋呉招待ネスレ日本マッチプレー選手権レクサス杯ブリタニー リンシカムブリタニー リンシコムマルティン カイマーヘンリク ステンソングレッグ ノーマンジェフ オギルビーマット クーチャーセベ バレステロスルーク ドナルドダレン クラークタイガー ウッズアーニー エルスビジェイ シン全米プロ選手権ライダーカップバレステロス宮本 留吉橘田 規ナッソー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッチプレーの関連情報