マッチプレー(英語表記)match play

翻訳|match play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッチプレー
match play

ゴルフの競技方法の一つ。各ホールごとにその打数勝負を決めていく。途中で一方の勝ち越したホール数が,残ったホール数よりも上回った場合には,そのホールで試合を終わる。「ゴルフ本来の闘い」といわれ,ゴルフ発祥時からアマチュア全盛時代までは主流だった (→ストロークプレー ) 。ハンディキャップの違う場合には独自の計算方法でそのホールごとの勝敗を決める。ホールを全部終わったときに同点の場合は引き分けか再試合となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マッチ‐プレー(match play)

ゴルフで、ホールごとに勝負を決めていく対人競技。勝ったホール数が残りのホール数を上回ったときに競技は終わる。→ストロークプレー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

マッチ‐プレー

〘名〙 (match play) ゴルフ競技方法の一種。総打数によって勝負を決めるストロークプレーに対して、各ホールごとに、その打数で勝敗を決めていく方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマッチプレーの言及

【ゴルフ】より

…シャフトの素材も,カーボンファイバーをはじめ,チタンなどが使われ,また,ウッドクラブのヘッドもパーシモン(柿材)が主流ではあるが,金属製,カーボンファイバーなどが使われるようになった。
【競技方法】
 ゴルフの競技方法には,ストロークプレーstroke playとマッチプレーmatch playの二つがある。ストロークプレーとは1ラウンド(18ホール),またはそれ以上の決められたホール数を,最も少ない打数でホールアウトした競技者を優勝とする競技方法であり,マッチプレーとはホールごとに勝負を決めていき,決められたホールを終えて勝ちホールの多いほうを勝者とする方法である。…

※「マッチプレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android