コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッハの帯 マッハのおびMach's band

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッハの帯
マッハのおび
Mach's band

マッハの輪ともいう。図に示したような白黒の模様を,円筒に (ABの方向が円筒の回転軸と平行になるように) 巻きつけて回転させる際に見られる明暗の帯のことで,E.マッハにより見出された明るさの対比現象の一種。図のααに相当する部分には周囲よりも明るい帯が,ββには暗い帯が見られる。一般的には,明度勾配が急激に変化する領域 (図ではα,β) をもつ模様を回転させるときに観察される,明暗の帯や輪をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マッハの帯の関連キーワードエルンスト マッハ対比現象

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android