コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサススキ マツカサススキ Scirpus mitsukurianus; bulrush

2件 の用語解説(マツカサススキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカサススキ
マツカサススキ
Scirpus mitsukurianus; bulrush

カヤツリグサ科の多年草。本州,四国,九州に分布する。やや湿っていて日当りのよい草地に生える。全体は大型で茎は高さ1~1.5mで太く,断面は鈍三角形。葉は革質で縁はざらつき,基部は筒状の長い鞘となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカサススキ
まつかさすすき / 松毬薄
[学]Scirpus mitsukurianus Makino

カヤツリグサ科の多年草。茎は太く、断面は丸みを帯びた三角形または円形で、高さ1~1.5メートル。葉は堅く、幅4~8ミリ。夏から秋、柄のない小穂十数個を頭状に集めて、散房花序をつくり、下の数枚の包葉は花序より長い。日当りのよい湿地や川岸に生え、群生することもある。本州から九州に分布する。名は、小穂が頭状に集まったようすを松かさになぞらえていう。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマツカサススキの言及

【アブラガヤ】より

…日本全国で見られ,変化に富み変種が多いが,種全体としては中国からインドシナ北部やヒマラヤ山地まで分布している。近縁種にクロアブラガヤS.sylvaticus L.ssp.maximowiczii (Regel) T.KoyamaやマツカサススキS.mitsukurianus Makinoなどがある。【小山 鉄夫】。…

※「マツカサススキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツカサススキの関連キーワードカヤツリグサ科弘法麦菜切菅青菅蚊帳吊草小米蚊帳吊水蚊帳釣升草アゼスゲカヤツリグサ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone