コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトリョーシカ マトリョーシカ 〈ロシア〉matryoshka

4件 の用語解説(マトリョーシカの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マトリョーシカ(〈ロシア〉matryoshka)

ロシアの郷土玩具。木製の人形で、胴体が上下に分割できるようになっている。中に同じように分割できる人形が複数入れ子式に入っている。女性の絵が描かれているものが一般的。マトリョーシカ人形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マトリョーシカ

19世紀末、日本の入れ子人形の七福神モデルに誕生したと伝えられる。ロシアではモデルになった人形のことを「フクルマ」(「福禄寿」のこと)と呼ぶ。マトリョーシカは女の子の名前「マトリョーナ」に由来する。素材はボダイジュの木。モスクワ州ニジェゴロド州が産地として有名。

(2009-09-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マトリョーシカ【matryoshka】

ロシアの代表的な民芸品として知られる木製の人形。セルギエフ・ポサード(旧ザゴルスク),ビャトカ(旧キーロフ),トベーリ(旧カリーニン),ニジニ・ノブゴロド(旧ゴーリキー)など木工品で有名な地で作られるものが名高い。その名が女性の名前マトリョーナMatryonaの愛称形であることが示すとおり,ロシア庶民の娘をかたどっていて,頭にはプラトーク呼ばれるネッカチーフを,身体にはサラファンと前掛けを着け,手には穀物の束,鎌,鶏などを持つ姿が極彩色であざやかに描かれるのが一般的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マトリョーシカ【matryoshka】

ロシアの民芸品。中をくりぬいて胴の所で上下に分けられるようになった、大きさの異なる木製人形を、何重にも入れ子にしたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マトリョーシカの関連キーワードエストリルマルデルプラタ小ロシア民芸品黒ミサディアマンテフィアット500ルノー25ロシアの恋人ヴォツェック

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マトリョーシカの関連情報