マドゥラ族(読み)マドゥラぞく(英語表記)Madurese

世界大百科事典 第2版の解説

マドゥラぞく【マドゥラ族 Madurese】

インドネシア共和国を構成する約250の諸民族中,人口規模の大きいものの一つで,ジャワ島北東海岸に接するマドゥラ島に住む。ジャワ島のスラバヤ,マラン以東の東端部にも大量に移住し,現在ではマドゥラ島居住者を数でしのいでいる。総人口は600万~700万(1982)と推計され,アウストロネシア語族インドネシア語派に属するマドゥラ語を使用する。マドゥラ島は乾燥し土地がやせていて水田に乏しく,陸稲,トウモロコシ,タバコなどの生産が中心で,牛の牧畜,漁業,鎌や刃物の生産も盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマドゥラ族の言及

【マドゥラ語】より

…アウストロネシア語族インドネシア語派に属する一言語。ジャワ島北東のマドゥラ島を本拠地とし,その周辺に位置するバウェアン島,サプディ島などのほか,ジャワ島東部のマドゥラ島移民によって話され,その使用者はほぼ600万人に達する。方言的には二つに分けられ,東部のカンゲアン島方言が上記の方言と対立する。文法的にはジャワ語に最も近く,ジャワ語にみられる敬語法もマドゥラ語に存在し,その語彙(ごい)的使分けもジャワ語とほぼ対応する。…

※「マドゥラ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android