コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナセ Manasseh

翻訳|Manasseh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナセ
Manasseh

旧約聖書中の人物。ヤコブの子ヨセフと,オンの祭司ポテペラの娘アセテナの長子。イスラエル 12部族のうち他の 10部族はヤコブの子であるが,マナセとエフライムは孫にあたる。のちヤコブの養子としてエフライムとともに入籍 (創世記 41・51,46・20,48・5) 。

マナセ
Manasseh

旧約聖書中の人物。ユダの王ヒゼキヤの子 (在位前 687~642) 。 45年間エルサレムを治めたが,アッシリアの影響のもとにバール神の祭壇やアシラ像を造り,また天体礼拝を行うなどヤハウェの怒りを買った (列王紀下 21・1~18) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マナセの関連キーワードイスラエルの12支族ソロモン反政府運動イザヤの殉教と昇天マナセの祈りジャヤデーバ旧約聖書セーナ朝バシャンギレアデギデオンナフタリモレク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android