コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラティヤ Malatya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラティヤ
Malatya

トルコ中央東部,山岳地帯に囲まれ,ユーフラテス川の支流に灌漑される肥沃な平原に位置する都市。同名県の県都。古くはローマ帝国の東の辺境の駐屯地であったが,のち小アルメニアの首都となり,ペルシア,アラブ,アルメニアの支配を経て,12世紀にはセルジューク・トルコ,1515年にはオスマン帝国の領土となった。現在の市は 1838年につくられたが,ローマ時代から中世にいたるまでの都市跡は北東 9.6kmに位置し,現在はエスキ (旧) マラティアと呼ばれている。織物,砂糖,セメントを主とする活発な工業都市で,地方の農産物の集散地でもある。東のディヤルバクル,北のシバス,南のアダナと鉄道および道路で連絡している。人口 28万 1776 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラティヤ
まらてぃや
Malatya

トルコの小アジア半島中央東部にある内陸都市。マラティヤ県の県都。人口38万1081(2000)。道路・鉄道交通の要衝で、小麦、タバコ、テンサイなどを集散する。製糖、たばこ、綿織物工業も立地する。北20キロメートルに城壁に囲まれたエスキ・マラティヤ(古マラティヤ)の町があり、13世紀のウル・ジャミ(大モスク)、17世紀の隊商宿が現存する。北西5キロメートルにあるアルスランテペの丘には、ヒッタイト時代に栄えたミリドの遺跡がある。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マラティヤの関連キーワード世界のおもな美術館ダーニシュメンド朝バル・ヘブライオスババ・イスハーククルディスターンマラシュオザル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android