コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラトンの戦 マラトンのたたかい

百科事典マイペディアの解説

マラトンの戦【マラトンのたたかい】

ペルシア戦争中の前490年,アッティカ東海岸のマラトンで,ミルティアデスの率いるアテナイ軍がペルシア軍を撃破した戦い。なおこのときの伝令がアテナイまで走り続け,戦勝を伝えて絶命したという伝承に基づいて,近代オリンピックの競技マラソンが生まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マラトンのたたかい【マラトンの戦】

前490年の第1回ペルシア戦争におけるアテナイとペルシアの歴史的合戦。政権返咲きを狙うアテナイの亡命僭主ヒッピアスの案内で,ペルシア軍はアッティカ北東海岸のマラトンMarathōnに上陸した。アテナイ重装歩兵軍9000は補助兵に奴隷を連れて直ちに出動,アグリリキ山東麓と海岸の間に位置していたと思われるヘラクレスの神域に陣を張り,プラタイアイ軍1000の加勢を得た。両軍対峙が長引き,アテナイ市内に内応者の出現が危惧され,将軍ミルティアデスは軍長官(ポレマルコス)に決戦を進言,アテナイ軍が戦端を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマラトンの戦の言及

【ペルシア戦争】より

…エレトリア攻略後,ペルシア軍をアッティカ北東のマラトンに導いたのは,前510年アテナイ僭主の地位を追われ,政権奪回の期待をこめてペルシア船隊に同行していたヒッピアスであった。しかし内応者は集まらず,それどころかペルシア軍上陸の報を得たアテナイ重装歩兵軍は迅速に行動を起こしてマラトンに出動し,ペルシア軍のアテナイ進撃を阻みつつ,両軍対峙数日後,ミルティアデスの的確な判断からアテナイ軍のほうから戦端を開き歴史的な合戦(マラトンの戦)が展開された。ペルシア軍撤退に際して,アテナイ市内の内応体勢完了を告げる合図があり,ペルシア船隊はエレトリアの捕虜収容後,スーニオン岬を迂回してアテナイののど元のファレロンに迫ったが,アテナイ重装歩兵軍が待機しているのを知り,空しくアジアに引き上げた。…

【マラソン】より

…42.195kmを走る長距離のロードレース。前490年,アテナイがマラトンの戦でペルシアの大軍を破ったとき,一人の兵士がアテナイまでの約40kmの道を走って勝利を告げ,そのまま息絶えたという。1896年の近代オリンピック第1回大会(アテネ)が開かれる際,フランスの言語学者M.ブレアルがこの故事にならいオリンピック種目にマラソンを入れることを提唱,正式種目となった。…

※「マラトンの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マラトンの戦の関連キーワードアリステイデス(政治家、軍人)総合年表(ヨーロッパ)マラソン(スポーツ)アルタフェルネスダリウス(1世)スパルタスロンマラトンの戦いマラソンレースダレイオス1世アテネ人の宝庫サラミスの海戦アリステイデスミルチアデスブラウニングアイスキロスギリシア史カリマコスシモニデスダティスカリアス