布陣(読み)ふじん

精選版 日本国語大辞典 「布陣」の意味・読み・例文・類語

ふ‐じん ‥ヂン【布陣】

〘名〙
戦陣をしくこと。また、その陣。陣立て
漆胡樽(1950)〈井上靖〉二「自ら精兵を率ゐて、漠北の地に布陣した」 〔駱賓王‐兵部奏破賊設蒙倹等露布〕
団体競技論争などで、相手に対する人員配置などの構え。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉市政と事業「市会に布陣(フヂン)する五の政党中」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「布陣」の意味・読み・例文・類語

ふ‐じん〔‐ヂン〕【布陣】

[名](スル)
戦いの陣をしくこと。また、その陣。「谷を挟んで布陣する」
団体競技や論争での、人員配置などの構え。「若手中心の布陣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「布陣」の読み・字形・画数・意味

【布陣】ふじん(ぢん)

陣取り。〔宋史、呉伝〕布陣の法、則ち軍を以て陣心と爲し、左右馬軍を以て左右の肋(ろく)と爲し、馬は兩肋のに布く。

字通「布」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android