コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリアーンスケーラーズニェ Mariánské Lázně

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリアーンスケーラーズニェ
Mariánské Lázně

ドイツ語ではマリエンバート Marienbad。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の温泉町。プラハの西約 125kmに位置する。景観のよい温泉保養地として広く知られ,ゲーテ,R.ワーグナーもしばしば訪れた。泉質は鉄,アルカリ塩などを含み,消化器系循環器系,神経系などの諸疾患にきくといわれ,鉱泉研究所がある。人口1万 5378 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マリアーンスケー‐ラーズニェ(Mariánské Lázně)

チェコ西部にある温泉保養都市。16世紀前半、修道僧により温泉が発見され、18世紀後半から療養に用いられた。鉄道の敷設に伴いラーゼニュスカーコロナーダをはじめとする温泉施設が造られた。カルロビバリなどとともにボヘミア地方有数の温泉保養地の一。ゲーテショパンカフカらが訪れたことで知られる。ドイツ語名、マリエンバート。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android