コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリク軍縮案 マリクぐんしゅくあんMalik Disarmament Plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリク軍縮案
マリクぐんしゅくあん
Malik Disarmament Plan

1955年5月10日にロンドン軍縮委員会で,ソビエト連邦の I.A.マリク代表が提出した「軍備の縮小,原子力兵器の禁止,および新しい戦争の脅威の排除」と題する提案。アンドレイ・ブイシンスキー軍縮案より次の 5点でいっそう西側の主張への歩み寄りをみせた。(1) アメリカ合衆国,ソ連,中国の総兵力をそれぞれ 100万~150万人に,イギリスフランスの総兵力をそれぞれ 65万人に抑える。従来ソ連は各国の現有兵力をそれぞれ 3分の1,あるいは比例的に削減するよう主張していたが,この提案で西側の主張を取り入れた。(2) 核兵器の全面的禁止は,従来「通常軍備の全削減量の完了より遅れずに行なう」としていたのを「全削減量の最後の 25%の開始と同時に行なう」と改めた。(3) 第1段階で常設の国際管理委員会を設けることにした。(4) 第1段階,第2段階の完了期間をそれぞれ 1年とした。(5) 核兵器の使用禁止について西側がつけている「侵略に対する防衛の場合を除く」という留保条件を受け入れた。このマリク案によって一般的軍縮についての東西の主張はかなり一致してきたが,結局提案の歩み寄りにとどまり,取り決めへとは発展しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マリク軍縮案の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三