マリニー(英語表記)Marigny, Enguerrand de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリニー
Marigny, Enguerrand de

[生]1260頃.リヨンラフォレ
[没]1315.4.11/30. モンフォーコン
フランスの政治家,財政家。フランス王フィリップ4世に仕えて重用され,貨幣改鋳その他王家財政の充実に敏腕をふるった。 1313~14年頃宰相として権勢の絶頂をきわめたが,誅求当事者として恨みの的となり,宮廷や貴族のなかに敵対者が多かった。王の死後,収賄,魔法その他およそ 30の罪名で王弟シャルル・ド・バロア以下の政敵に訴追され,絞首刑に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリニー【Enguerrand de Marigny】

1260ころ‐1315
フランスの法曹家。ノルマンディーに生まれ,ナバラ王室で重用されたのち,フランス王フィリップ4世下のレジスト集団に加わる。対教皇紛争や王領地拡大,フランドル問題等の処理に重要な役割を果たし,大法官,財務長官の役職を占め,レジスト中,最も大きな権勢を振るった。フィリップ4世の晩年から政敵が多く,王の死後,公金を横領し不正費消したと告発を受け,裁判ののち有罪を宣告され,処刑された。【樺山 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android