コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジスト légiste

世界大百科事典 第2版の解説

レジスト【légiste】

中世フランスの法曹官僚。カペー朝王権のもとで,13世紀後半に姿を現し,14世紀前半まで顕著な役割を果たした。13世紀フランスにおける王権の強化と,法学教育・研究の発展とによって,国王の周辺に専門的法学知識をもつ官僚が集結した。法学とは,この時代にようやく体系的適用の手法を確立しはじめたローマ法学であり,慣習的封建法の圏域にいたるまで,普遍的適用を主張した。他方,王権は封建的権力分散を克服すべく,国家統合原理を求めており,とりわけフィリップ4世(在位1285‐1314)は,諸政策を通じて成果を目ざしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレジストの言及

【法曹】より

… イタリアでははやくも12世紀に法律家身分が形成されており,フリードリヒ2世の宮廷では法律家団が重要な役割を演じている。フランスでは法律家(レジストlégiste)が13世紀中葉以降国王に仕えているが,同世紀末にはパリの高等法院(パルルマン)の裁判官の過半数を法律家が占め,14世紀に入ると独占するところとなった。ドイツでは法律家(ユリストJurist)という外来語が1300年ごろには定着して用いられており,ルドルフ1世以来,法律家はつねに国王の顧問会に席を占めている。…

【法曹】より

… イタリアでははやくも12世紀に法律家身分が形成されており,フリードリヒ2世の宮廷では法律家団が重要な役割を演じている。フランスでは法律家(レジストlégiste)が13世紀中葉以降国王に仕えているが,同世紀末にはパリの高等法院(パルルマン)の裁判官の過半数を法律家が占め,14世紀に入ると独占するところとなった。ドイツでは法律家(ユリストJurist)という外来語が1300年ごろには定着して用いられており,ルドルフ1世以来,法律家はつねに国王の顧問会に席を占めている。…

※「レジスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レジストの関連キーワードレジストレーション(Registration)日本ネットワークインフォメーションセンター光崩壊性樹脂(ひかりほうかいせいじゅし)アート・ドキュメンテーション電子線リソグラフィーエッチング[半導体]トップレベルドメイン太陽ホールディングスレジストリエディターX線リソグラフィーレジストレーション東京応化工業[株]メタパラクレゾール化学増幅レジストGENOウイルスフォトエッチングカニエ ウェスト電気回路付き基板ドメインネームレジストラー

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レジストの関連情報