コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ・ド・フランス マリ・ド・フランス Marie de France

2件 の用語解説(マリ・ド・フランスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリ・ド・フランス
マリ・ド・フランス
Marie de France

1165~90年頃活躍したフランス初期の女流詩人。イングランドヘンリー2世の妃エレオノール・ダキテーヌ (エリナーアキテーヌの) の宮廷サロン出入りしていたらしい。古典文芸に通じ,翻訳作品を残したが,ケルトブルターニュ伝説に基づいた短編物語詩『短詩 (レー) 』 Les Lais (1167頃) が特に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリ・ド・フランス
まりどふらんす
Marie de France

生没年不詳。12世紀フランスの女流詩人。イギリス王ヘンリー2世(在位1154~89)の宮廷で著作をする。傑作『物語詩(レー)』Lais12編(1170ころ)のほか、フランス最初のイソップ物語『寓話(ぐうわ)集』Fables(1180ころ)と彼岸(ひがん)の世界へのラテン語旅行記の翻訳『聖パトリスの煉獄(れんごく)』L'Espurgatoire Saint Patrice(1189以後)がある。短編『物語詩』には騎士と妖精(ようせい)の恋など神秘的なケルト世界が登場するが、感覚的、具体的に物事をとらえようとするマリは、戦争や流血を伴う武勲は愛の危険な敵と考えており、また姦通(かんつう)に対する非難もみられ、その点で同時代の男性作家とは異なっている。[鷲田哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリ・ド・フランスの関連キーワードフラングレフランス菊フランスパンフランス窓フランス刺繍ラ・フランスフランスパン工房ラスクフランスヴィ・ド・フランスデュ・セルソー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone