コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルコワ マルコワ Markova, Dame Alicia

2件 の用語解説(マルコワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルコワ
マルコワ
Markova, Dame Alicia

[生]1910.12.1. ロンドン
[没]2004.12.2. バース
イギリスバレリーナ。本名 Lilian Alicia Marks。 S.アスタフィエワに師事し,1925年セルゲイ・ディアギレフバレエ・リュスに参加。同バレエ団解散後,カマルゴ協会バレエ・ランバート,ビック・ウェルズ・バレエ団,マルコワドーリン・バレエ団,バレエ・リュス・ド・モンテカルロなどに出演し,その格調高い高雅清純な芸風で知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルコワ
まるこわ
Dame Alicia Markova
(1910―2004)

イギリスのバレリーナ。本名Lilian Alicia Marks。ロンドンに生まれる。E・チェケッティ、B・ニジンスカに学び、1925年ディアギレフのロシア・バレエ団に入り、『鶯(うぐいす)の歌』などに主演。イギリスに戻ってから、カマルゴ協会、バレエ・ランベール(現ランベール・ダンス・カンパニー)、ビッグ・ウェルズ・バレエ団などで活躍、ド・バロア、F・アシュトンの作品を踊った。35年にA・ドーリンとマルコワ‐ドーリン・バレエ団を組織し、『ジゼル』『水仙』などに主演。その後、ロンドン・フェスティバル・バレエ団(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)、アメリカン・バレエ・シアターでゲストダンサーとして踊り、63年に引退と同時に、メトロポリタン・オペラ・バレエの監督に就任した。のちにイングリッシュ・ナショナル・バレエ団の会長となる。63年デームの称号を受けた。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルコワの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン交響曲ロンドン橋落ちたどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルコワの関連情報