マルセル カルネ(英語表記)Marcel Carné

20世紀西洋人名事典の解説

マルセル カルネ
Marcel Carné


1906.8.18 -
フランスの映画監督。
パリ生まれ。
夜学で映画撮影の技術を学び、20才でジョルジュ・ペリナールの撮影助手となった。又、ジャック・フェデー監督の助手として「外人部隊」「ミモザ館」などを撮り、1936年の「ジェニーの家」で初監督をし、女性の心理描写の巧みさで才能を発揮した。「北ホテル」(’38年)、「霧の波止場」(’38年)など運命的ドラマを好み、「天井桟敷の人々」(’45年)ではベネチア映画祭国際同等賞を受賞している。’53年の「嘆きのテレーズ」ではベネチア映画祭銀獅子賞を受賞したが、ヌーベル・バーグ台頭後は時代に取り残された観がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マルセル カルネ

生年月日:1909年8月18日
フランスの映画監督
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android