マルチコアプロセッサー(読み)まるちこあぷろせっさー(英語表記)multi-core processor

日本大百科全書(ニッポニカ)「マルチコアプロセッサー」の解説

マルチコアプロセッサー
まるちこあぷろせっさー
multi-core processor

一つのパッケージの中に、複数のコア(演算装置)を集積して、一つのCPU(中央処理装置)として機能させるプロセッサー。一つのコアのみの場合は、シングルコアプロセッサーという。

 コアはそれぞれ独立しているので、他に影響されずに動作する。並列での分散処理が可能なため、シングルコアと比べて、総合的な処理性能が向上する。複雑な演算処理を伴うソフトウェアや、複数の処理を同時に行うマルチタスクなども、速やかに実行できるようになる。二つのコアをもつCPUをデュアルコア、四つのコアをもつものをクアッドコア、六つのコアはヘキサコア、八つをオクタコアとよぶ。

 なお、一つのプロセッサーに複数のコアを集積するのではなく、独立したシングルコアなどのCPUを複数個並列で搭載して分散処理を行うものは、マルチプロセッサーという。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「マルチコアプロセッサー」の解説

マルチコアプロセッサー【multi-core processor】

1台のマイクロプロセッサーに複数のコア(演算回路の中核部分)が搭載されたもの(の総称)。個々のコアへの負荷を分散させることで、処理速度の高速化を図る。◇「マルチコアCPU」ともいう。特に2つのコアが搭載されたものを「デュアルコアプロセッサー」、4つのコアが搭載されたものを「クアッドコアプロセッサー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「マルチコアプロセッサー」の解説

マルチコア‐プロセッサー(multi-core processor)

複数のコア(演算回路の中核部分)を集積したマイクロプロセッサー。複数の異なる処理を独立して同時に実行できるため、総合的な実行効率が上がる。マルチコアCPU。→デュアルコアプロセッサークアッドコアプロセッサー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android