コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチン・ベハイムの地球儀 マルチン・ベハイムのちきゅうぎMartine Behaim's globe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチン・ベハイムの地球儀
マルチン・ベハイムのちきゅうぎ
Martine Behaim's globe

1492年にドイツのマルチン・ベハイムが作成した,現存する最古の地球儀。直径 50.7cm,経緯線は描かれてないが,赤道,黄道,回帰線極圏が引かれている。マルコ・ポーロの『東方見聞録』によって伝えられたカタイ (中国) やチパング (日本) が表示され,それらは,プトレマイオスの世界図に記されたところよりさらに東に延長して表わしてある。同じ年に新大陸発見の第1回航海に出発したコロンブスが携行したトスカネリの世界図と同じように,この地球儀では,大西洋の先にアジアの東端があり,西回りのコースのほうがアジアに行くには近いことが示されている。これは当時のヨーロッパ人の地理的世界像を示したものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルチン・ベハイムの地球儀の関連キーワードコロンブス源朝子明応インノケンチウス8世国土回復運動スペイン史ナスル朝ボルジア家アメリカ・インディアンアル・アンダルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android