マンガベイ(英語表記)mangabey

世界大百科事典 第2版の解説

霊長目オナガザル科マンガベイ属Cercocebusに属する旧世界ザル。頭胴長45~60cm,尾長60~90cmで,ほっそりとした体型をしており,尾を巧みに動かす。まぶたが白いのが特徴である。マンガベイというのはマダガスカルの一地方名で,ビュフォンがこのサルをそこからきたものと誤ってつけた名である。スーティマンガベイC.atys,アギルマンガベイC.galeritus,シロエリマンガベイC.torquatus,ホオジロマンガベイC.albigena(イラスト),トンガリマンガベイC.aterrimusなどが区別されるが,その分類はまだ流動的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科マンガベイ属に含まれる動物の総称。この属Cercocebusのサルは、ギニアからケニアにかけての森林地帯に分布し、5種に分類される。分布型はオナガザル属Cercopithecusに似ているが、系統的にはマカック属Macacaやヒヒ属Papioに近い。5種を通じて体長50~60センチメートル、尾長70~80センチメートルで、ほっそりとした体格をもち、性差は小さい。体色は種ごとに違うが、すべて上瞼(うわまぶた)が白い。雌が発情すると、ヒヒと同様に、性皮が腫脹(しゅちょう)する。コンゴ民主共和国(旧ザイール)にすむグレイチークトマンガベイC. albigenaとブラックマンガベイC. aterrimusは頭にも毛房をもち樹上生活者、西アフリカのスーティーマンガベイC. atysとシロエリマンガベイC. torquatus、コンゴ民主共和国からケニアにすむアジルマンガベイC. galeritusは毛房をもたず地上にも降りる。アジルマンガベイは、果実や木の芽を中心に、堅果や昆虫の幼虫を食べ、20~30頭の複雄群をつくって生活している。[川中健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android