コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マングンクスモ Mangunkusumo, Cipto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マングンクスモ
Mangunkusumo, Cipto

[生]1885
[没]1943
インドネシアの民族主義運動指導者の一人。インド党創立に尽力した。ジャワ出身の医師で,総督諮問機関であるフォルクスラート (国民参事会) で 1918~21年まで任命議員をつとめた。 27年には国民党重鎮として共産党支持の理由でバンダネイラに流刑に処せられた。日本軍のインドネシア進攻に際して釈放されたが,まもなく死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マングンクスモの関連キーワードダウエス・デッケルインドネシア協会東インド党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android