コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンモス・ケーブ国立公園 マンモスケーブこくりつこうえんMammoth Cave National Park

世界大百科事典 第2版の解説

マンモスケーブこくりつこうえん【マンモス・ケーブ国立公園 Mammoth Cave National Park】

アメリカ合衆国ケンタッキー州中部の大鍾乳洞からなる国立公園(1941指定)。面積208km2。古代インディアンの遺跡がみられるが,1798年に白人にも知られ,1812‐14年の第2次英米戦争の際,アメリカ軍がこの洞穴内の硝石を不足していた火薬の原料としたことで一躍有名となった。マンモス洞,フリント洞などの鍾乳洞が複雑な形で連続し,現在わかっているだけでも総延長は252kmに達する。洞内をエコー川が流れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マンモス・ケーブ国立公園の関連キーワードマンモス・ケーヴ国立公園