コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンモス・ケーブ国立公園 マンモスケーブこくりつこうえん

百科事典マイペディアの解説

マンモス・ケーブ国立公園【マンモスケーブこくりつこうえん】

米国,ケンタッキー州中西部の国立公園。アパラチア山脈西麓の大鍾乳洞マンモス・ケーブMammoth Caveを中心とし,1941年国立公園に指定。踏査された洞の総延長は252kmに及び,5段になっている。
→関連項目ケンタッキー[州]鍾乳洞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンモス・ケーブ国立公園
まんもすけーぶこくりつこうえん
Mammoth Cave National Park

アメリカ合衆国、ケンタッキー州南部の国立公園。世界最大の石灰岩の洞穴を中心とする。面積214平方キロメートル。1926年制定。1799年に発見されたこの地下洞穴は、全長580キロメートル以上で、五層構造をもち、洞内温度は12℃と一定温度を保つ。内部は多くの部屋に分かれ、石筍(せきじゅん)や石柱の形状からフローズン・ナイヤガラ、スノーボール・ルーム、ルーズベルト・ルーム、マンモス・ドームなどの名前がつけられており、目を見張る光景が展開される。洞穴の最下位部をエコー川が流れ、メクラウオ、コウモリやわずかの昆虫類が洞内に生息する。地上は深い緑に覆われ、野生生物も多い。1981年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マンモス・ケーブ国立公園の関連キーワードマンモス・ケーヴ国立公園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android