コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マン・マシン・インターフェース man-machine interface

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マン・マシン・インターフェース
man-machine interface

人間と機器の間を仲介する,情報の相互伝達にかかわる仕組みの総称。コンピュータを利用するとき,指示を出し,情報を得るために行なう取り決めのこと。機器へ命令する際にキーボードから文字で打つのか,またはマウスで画面上のアイコンをクリックするのか,についての取り決めは使いやすさに大きく影響する。オフィスがパーソナル・コンピュータなどによって OA化(→オフィス・オートメーション)されるとき,使い勝手が悪いと仕事の効率や正確性に大きくかかわる問題となる。近年は音声入力,手書き入力などのように,人間が使いやすいかたちになるよう開発が行なわれている。同時に,使う側にも知識や能力(コンピュータリテラシー)が求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マン・マシン・インターフェースの関連キーワードヒューマンマシンインターフェイスブレーンマシンインターフェースラボラトリーオートメーションインテリジェントターミナルユーザー・インターフェースヒューマンインターフェースインターフェースWYSIWYGウィンドウズ原子核工学MMIHMI道具操る

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android