コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マン症候群 マンしょうこうぐんMann's syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マン症候群
マンしょうこうぐん
Mann's syndrome

ドイツの医師 L.マン (1866~1936) が 1931年に記載した症候群。脳振盪または脳挫傷後にみられることがあり,患側の眼球運動不全,小脳性失調症,歩行時の腕の共同運動欠如,内耳性難聴などがある。小脳の一部の病変に起因するとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マン症候群の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マン症候群の関連情報