マーク クリフトン(英語表記)Mark Clifton

20世紀西洋人名事典の解説

マーク クリフトン
Mark Clifton


1906 -
米国の作家。
人間性に対し、冷ややかな目で観察し、個々の人間に対し鋭敏で心理学的な理解を示すESP小説を発表。当初10年間はSFを中心に書き、あまり発表していなかったが、ESP能力を持った新人類が押し寄せてくる「ボシイの時代」は、彼の典型的な作品といえる。また、例外的作品である「エデンへの八つの鍵」(’60年)は、巧妙なエコロジイ的パズルで、現代文明への風刺が込められている。他の代表的作品に「彼らが宇宙からきたとき」(’62年)、「記憶と反射」(’58年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android