コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マース川 マースガワ

2件 の用語解説(マース川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マース‐がわ〔‐がは〕【マース川】

Maasフランス北東部のラングル高地に源を発し、ベルギー東部を北流し、オランダライン川下流をなすワール川に合流して北海に注ぐ川。長さ950キロ。ムーズ川ミューズ川

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マース川
まーすがわ
Maas

フランス北東部に源を発し、ベルギー、オランダを通って北海へ流入する国際河川ローマ時代の古称はモサMosa川。オランダではマース川とよばれるが、上・中流部のフランス語地域ではムーズMeuse川とよばれ、その英語読みはミューズ川。全長約950キロメートル流域面積約3万6000平方キロメートル。ロレーヌ地方のラングル高地を水源とする。ベルギーのアントウェルペンアントワープ)とはアルバート運河で結ばれるなど、内陸水運の幹線として重要で、フランスのセダンまで航行可能。中流部ではベルギー炭田が広がり、リエージュナミュールなどの工業都市が立地する。上流部は戦略上の防衛線として重要で、843年のフランク王国分割条約や第一次世界大戦の激戦地として有名なベルダンをはじめ、多くの要塞(ようさい)都市がある。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マース川の関連キーワードトランスバールネーデルラントフランス領ギアナベルダンランスランス大聖堂フラングレアルザスロレーヌフランス窓サントノラ島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone