マートン(Robert C. Merton)(読み)まーとん(英語表記)Robert Cox Merton

  • 1944―
  • Robert C. Merton

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの金融学者。ニューヨークに生まれる。1966年にコロンビア大学で数理工学の学士号、1967年にカリフォルニア工科大学で応用数学の修士号を取得し、1970年にマサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の博士号を取得。P・A・サミュエルソンの助手としてMITで経済学を教え、MIT教授ののちハーバード大学教授となる。1997年に、「株式オプションの価値を示す画期的な公式を発見するとともに、デリバティブ(金融派生商品)の価格形成理論の構築に貢献」したとして、M・S・ショールズとともにノーベル経済学賞を受賞した。

 ショールズとフィッシャー・ブラックFischer Black(1938―95)によって1973年に発表された株式オプションの価格決定式である「ブラック‐ショールズ方程式」は、数理ファイナンス、金融工学隆盛の道をひらいた。マートンはブラック‐ショールズ・モデルにおけるオプション価格の計算式を数学的に検証した。なお、マートンとショールズは、1993年に設立された大手ヘッジファンド、ロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)の共同経営者として名を連ねていたが、ノーベル賞受賞の翌1998年にLTCMが破綻(はたん)し、ノーベル経済学賞のあり方も含め議論をよんだ。

[金子邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android